不動産屋に何かしらの費用の値下げを交渉しようと考えているのでしたら、家賃と礼金がその交渉の対象となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。

 

賃貸物件の契約に必要な費用の値下げ交渉をする前に、初期費用として必要な金額を必ず計算しておいてください。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。様々な費用を大家さんや不動産屋と交渉をする人がいますが、実際に交渉対象となるのは礼金や敷金、また事例は少ないですが家賃となります。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。 確かに駅前などといったアクセス性の良い賃貸物件は便利なのですが、当然のことながら賃料が高くなります。
賃貸物件の探し方としては、駅前などに拘らずに、バスや自転車を利用することも考えるようにしましょう。

社会人サークル 東京の情報
社会人サークル 東京の紹介
http://0ffkai.lolipop.jp/ibentoichiran_tokyo.html



家賃交渉を2年周期でしてみてはブログ:20年09月01日

テレビ(白黒テレビ)って、
昭和34年の皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子様のご成婚を機に
普及し始めたそうですね。

僕がお子さんの頃、
テレビのある家はそれほど多くありませんでした。

当時は、街頭テレビというのがあり
多くの人がそれを見ていたようですが、
僕は見た記憶がありません。

僕の家は決して裕福なほうではありませんでしたが、
そういう時代の流れに乗るのが好きな母のおかげか、
それともプロレス好きのパパのおかげなのかよく分かりませんが、
テレビを早々と買ったのでした。

当然ながら、近所の内では早い方でした。
テレビが家に無い人は、近所の家で見せてもらうというのが
当時は当たり前のことでしたので、
近所のお子さんたちが、
よく僕の家へテレビを見に来ていたのを覚えています。

その当時どんな番組を見ていたのかほとんど覚えていませんが、
たぶんパパはプロレスを見ていたと思います。
母は…
「今日の料理」でも見ていたのではないでしょうか。

僕が覚えているのは、1つの番組の1つのシーンだけです。
それは、実写版の「鉄腕アトム」で、
鉄腕アトムが故障し、ウエストのあたりを開いて修理しているところです。

修理シーンに興味を持ったのか、
強い鉄腕アトムが故障したのに驚いたのか、
いずれにせよお子さん心にかなり強烈な印象を与えたのだと思います。

白黒テレビは、真空管式でした。
テレビには放熱しやすいように穴がいくつか開けてありましたので、
そこから中をのぞくことができました。

のぞいて赤くともっている真空管を見るのが、
僕はなんとなく好きでした。

真空管が赤くともっていないと、テレビは故障でした。
パパが真空管を買ってきて、自分で取り替えて修理していました。